ひとりごと。

特に意味もない、発言のメモ帳。故にひとりごと。

こんな時間

色々とやっていたら、気付いたらこんな時刻に。

 

最近は夜の方が涼しく静かな為か、聴覚過敏な自分は完全なる夜型人間と化している。そのほうが過ごしやすいし、そうでなければ生きるのが圧倒的に辛いからだ。

夜型なのはよくないと周りから言われるが、それで元気に過ごせているのに何がいけないのか、と考えることも多い。無理やり朝起きて日々体調が悪いまま過ごすのと、夜型だが体調は安定しているのはどちらがましなのか。

 

甘えという声もよく聞く。努力が足りない、根性がないということも言われる。けれど考えて欲しいことがある。人それぞれという言葉があることを。

昼間の喧騒が耳に辛くなり、起きているのがやっとで、どこかに出掛けるのはものすごくしんどい、死にかける、という自分が、ようやくどうにか息ができるような過ごし方を見つけたのだ。それだけは認めてほしい。

 

まあ、働いてはいない口が何を言うかと言われればお手上げだが。

 

自殺衝動も収まっていて、自分で色々と動けるようになっているだけでもましだと思いながら、今日の日記は終わり。

 

家の中でも働ける仕事を見つけるようになれればベストだなぁ